So-net無料ブログ作成

会津へ行ってみた(天の巻) [ツーリング(超100km)]


2017/06/23

東北道 西那須野IC

会津と聞くと少し切なく、
そして心が騒ぐのは何故でしょう?

DSC07977.JPG

ひょっとしたら私の前世は白虎隊の美少年剣士なのかも
知れません。 言ったもん勝ちかよ

DSC09188.JPG

R400, R121と繋いで南会津を抜けます。

会津鉄道の線路沿いに北上していると、
一枚の看板が目にとまりました。

DSC09192.JPG

  塔のへつり

聞き慣れない言葉ですが、
国の天然記念物に指定されているとのこと。

どんな具合にへつっているのか、
ちょっと見てみましょうか。 言うてもそないに ( ゚∀゚)

DSC07978.JPG

案内板の脇から下に降りる階段が続いています。

DSC07979.JPG

ちょっとイヤ~ンな感じの吊り橋が見えてきました。

DSC07982.JPG

河岸の崖が削られ、
蟻の観察キット(学研)みたいな感じになっています。

この浸食されたさまを『へつり』と呼ぶんだって。

DSC07981.jpg

あ、蟻がいますね。 怒られるぞ

DSC07988.JPG

吊り橋の中ほどまで。

DSC07983.JPG

結構揺れます。 (;゚∀゚)
手すりが低いのと相まって、
生まれたての小鹿みたいになりました。

DSC07994.JPG

結構なへつり具合でしたね。
こんなにへつっていいのかっていうくらい。

更に北に向かいます。

DSC07995.JPG

会津若松市に入ったところで、
ちょうど頃合いは昼。

飯盛山の脇をすり抜けて強清水の蕎麦屋まで。

DSC07999.JPG

ずいぶん前、東北へ向かう途中で立ち寄った千本蕎麦。
常々再訪の機会があればと思っていましたが、
ようやく実現しました。

DSC09197.JPG

鰊や納豆の天ぷらが有名だそうですが、
ここは基本に忠実に天ざるを注文。

DSC09198.JPG

上手に揚げられた天ぷらです。
右の黒いのは昆布だって。

DSC09199.JPG

瑞々しく艶のある蕎麦。

しっかりとした腰があって、
とき庵(埼玉県ときがわ町)を少し鄙にした感じ。

DSC09201.JPG

なかなかいい昼ごはんになりました。
元気が出たところで、飯盛山に戻ります。

DSC09190.JPG

会津に来たときには必ず登る飯盛山。
私が会津に抱く思いのほとんどが、
この小さな山に揃っているような気がします。

000.jpg

飯盛山の中ほど、
記念館の方にお願いして
バイクを停めさせていただきました。

毎回この手を使って体力を30%セーブしていますが、
いい加減、ズルは駄目ですね。

DSC08003.JPG

白虎隊十九士の墓前で手を合わせたあと、
自刃の地に向かいます。

DSC08026.JPG
DSC08006.JPG

少年隊士が眺めているその先に、

DSC08007.JPG
DSC08010.JPG

鶴ヶ城が望めます。

DSC08008.JPG

いつも思うのですが、
ちょうどエエ具合のところに中波アンテナがあります。

  邪魔。

Google Mapで正体を突き止めてみました。

キャプチャ.jpg
キャプチャ.jpg

どうもNHK福島放送局のアンテナのようです。

得意の真空チョップでヘシ折ろうかと思いましたが、
会津の人たちがラジオ体操できなくなると困るので
見逃したるわ。 ( ゚∀゚)

DSC09206.JPG

会津平野をうろうろします。

DSC08041.JPG

会津若松市の西方、
高瀬の大木までやってきました。

DSC08038.JPG
DSC08037.JPG
DSC08036.JPG

大木と聞くと胸躍るのは、
心のどこかに大木凡人への想いが
あるからかも知れません。 んなもんねえわ


      oki.jpg

DSC08034.JPG
DSC08044.JPG
DSC08048.JPG
DSC08046.JPG
DSC09207.JPG
DSC09210.JPG

いい具合に暮れてきましたね。

DSC09203.JPG

今夜の宿は新鶴温泉にしました。
わかりはじめた my revolution、
会津美里町に向かいます。

今まで知らなかった土地ですが、
二食付き、訳あり7,200円というのに惹かれました。 訳あり!?

DSC09212.JPG

途中、野口英世のお母さんが月参りしたという
中田観音に立ち寄りました。

霊験あらたかな社寺とのことですが、
関西人の私にすると
中田カフス師匠の顔が浮かんでしまいます。

DSC09222.JPG

訳ありの宿で
オバケに遭わないようお願いします。 賽銭むだづかい

DSC09213.JPG

訳ありの宿に着きました。

宿泊棟の隣には立ち寄り形式の温泉施設が
併設されています。

DSC09214.JPG

ご自分もバイクに乗るというフロントのお兄さんに
素敵なガレージを提供していただきました。
雨や悪戯の心配はありませんね。

DSC09234.JPG

部屋に入ると既に布団が敷かれています。

  この宿、できる。

窓からは会津平野が一望できます。

DSC09233.JPG

訳ありの理由を求めて館内を探検します。

DSC09215.JPG
DSC09216.JPG

スナックえんじゅ。

うん、ここから強い霊気を感じますね。
まず営業中なのか準備中なのか良くわからない。
てか、客室の並びにスナックて。 (;゚∀゚)

DSC09217.JPG

貸切形式の小浴場が2つほど。

DSC09218.JPG

扉を開けた瞬間、息苦しいほどの熱気です。

過去にここで変事があったのかも知れません。 それ湯気

DSC09227.JPG

決め手がつかめないまま、
渡り廊下を通って隣接する温泉施設まで。

DSC09228.JPG

無駄に広い謎スペース。

DSC09230.JPG

テレビでみたベルトでぶるぶるするマッシーンが
置かれていました。
竜ちゃんが熱々おでんとか食べるやつですね。

DSC09229.JPG

壁一面には大きな鏡。
誰もいなかったので3回転半を決めてみました。
霊が写っていたので画像を加工しています

DSC09231.JPG

宿の下駄をお借りして外に出てみます。

DSC09226.JPG

客層はこんな感じ。
夜8時には全員寝てしまいます。

DSC09220.JPG
DSC09221.JPG

16時以降、
市街地との連絡は完全に閉ざされてしまうようです。
名探偵コナンとかにありがちな、
やっすいやっすいシチュエーション。

DSC09223.JPG
DSC09225.JPG

銀山街道を会津平野のほうに下ってみると、

DSC09224.JPG

  カフェ ハッテンバ!?

なるほど、そういうことやったんや。 (;゚∀゚)

既に敷かれた布団、鍵のかかる貸切風呂…。
すべてが一本の線で繋がりました。

今夜は二重鍵をして寝ることにしましょう。

DSC09232.JPG

ま、それは冗談として、
訳ありというのは
ボイラーの音が少し気になるからだって。

んなもんフェリーの二等客室だと思えば楽勝。 ( ゚∀゚)

キャプチャ.JPG

温泉は豊富な源泉かけ流し、
ぬめりのあるアルカリ泉で旅の疲れがほぐれました。

画像はHPからお借りしました。
http://www.aizu-misato.jp/hotpia/index.html

DSC09235.JPG
DSC09237.JPG

夕食は贅沢さこそはありませんが、
心の籠ったものでした。 量も質も満足です。

DSC09241.JPG
DSC09238.JPG
DSC09240.JPG

土地の野菜を使った天ぷらはとてもおいしかったのですが、

DSC09246.JPG

これだけは土臭くて無理でした。

DSC09248.JPG

あとで気づいたのですが、
ひょっとしたら一番食べなあかんやつやったのかも
知れません。 (;゚∀゚) 地元の人を敵に回したな

今夜は二重鍵をして寝ることにしましょう。

DSC09247.JPG

こんな感じで初日の夜を迎えました。
窓からは会津平野の夜景が。

DSC09249.JPG

予報では明日も雨の心配はなさそうです。
暑さには注意ですね。

では次回、『地の巻』でお会いしましょう。 ( ゚∀゚)ノシ

0623.JPG

【続きを読む】



共通テーマ:バイク