So-net無料ブログ作成
検索選択

鹿が教えてくれた(前編) [ツーリング(超100km)]


2016/07/23

金曜日になって天気予報が変わりました。
作戦決行です。

DSC08206.JPG


お天気がいまひとつなせいでしょうか、
意外と涼しい朝です。

前日まで雨の不安がありましたが、
何事も諦めないでいると、
不思議と潮目が変わることってありますよね。

DSC08212.JPG

今のうちに距離を稼ごうと所沢,川越と北上し、
美里町(埼玉県児玉郡)で最初の休憩を取りました。

道端の案内板、「猪俣の百八塔」とあります。

DSC08211.JPG

見上げると小高い丘の稜線になにやら林立しています。
ひとっ走り登ってみましょうか。

気分はS.マックイーン(大脱走)です。

mcs.jpg
DSC07689.JPG

開けたところまで登ってみると、
奇妙な風景が広がっていました。

DSC07692.JPG

百八塔というので石塔のようなものを想像しましたが、
土塁に藁を積み上げたものみたい。

DSC07686.JPG

このひとつひとつの下に、
代々の村長さんが埋まっています。 うそです

DSC07687.JPG

うん、こんな感じでだらだら書いていたら
いつになっても終わりませんね。
先を急ぐことにします。

百八塔の謂れについては各自調べてください。 オイ

DSC08216.JPG

富岡の町の中ほど、
「七日市藩邸」の看板を見つけました。 
七日目のパンティーじゃないぞ

DSC08218.JPG

藩邸は富岡高校の敷地内にあるようです。
校内にバイクを乗り入れるのは
なんとなく気持ちがいいですね。 ( ゚∀゚)

気分は舘ひろし(暴力教室)です。

TC.jpg
DSC08217.JPG

ちなみに藩邸の感想は特にありません。 オイ

てな感じで時々休憩を挟みながら
下仁田(群馬県甘楽郡)まで来ました。

DSC07700.JPG

久しぶりのバイクということで、
高速を使って誤魔化さずに
下道を丁寧にと考えたのですが、
案の定、距離が稼げていませんね。

DSC07703.JPG

この時点でお昼過ぎ。 ( ゚∀゚)

いつもなら帰り支度を始めるところ、
つい内山峠を越えてしまいました。

DSC07709.JPG

薄らぼんやりしているうちに、
コスモス街道(R254)を抜け佐久へ。

DSC08221.JPG

内山峠は霧の中でしたが佐久側は気持ちのいい青空。
日差しは強いものの
からりと竹を割ったような暑さです。 ごめんよくわからない

DSC07712.JPG

駅名になっている佐久平(さくだいら)というのは
佐久盆地のことらしいです。
目の前に景色が開けるような、
雰囲気のある呼びかたですね。

 文中、佐久平健(暴れん坊将軍)って
 どこかで挟みたかったのですが、
 無理矢理すぎるので諦めました。

空が広く明るく開けた野。
あの町なみまで下ってみましょう。

DSC08222.JPG

高原の空気に惹かれるように西へ向かいます。

散歩中、ずるずると天竺へ行ってしまった
三蔵法師の気分ですね。 猿に襲われるぞ

DSC08229.JPG

疲れたらどこかで泊まるつもりで
着替えを持参している確信犯。
週末でもビジホならなんとかなるでしょう。

DSC08226.JPG

上田の町に着きました。

一段と日差しは強いですが、
木陰に入ると涼しい風が吹いています。

DSC08233.JPG

新しい街並みのなかに歴史が点在した
魅力的な街ですね。

いまにも袴姿で角前髪の少年が現れそうです。

DSC08234.JPG
DSC08235.JPG

上田城まで来たのですが、
道中しつこいほどの「真田丸」の幟。

DSC07716.JPG

歴史というものはひっそりとありのままに、
観光客の多寡に囚われず泰然としていて欲しいもの。
ここに限ったことではありませんが、
妙なコスプレ野郎の「おもてなし」も不要です。

すっかり興醒めし、上まで登らずに撤収する捻くれ者。

DSC07719.JPG

 文中、真田丸ひろ子って
 どこかで挟みたかったのですが、
 無理矢理すぎるので諦めました。

そろそろ16時。 今日の宿を探さねばなりません。

上田のビジホと考えていたのですが、
運良く鹿教湯(かけゆ)温泉の国民宿舎が取れました。

DSC08237.JPG

千曲川の半過岩鼻見物をキャンセルし、
平井寺トンネルを抜けR254に向かいます。

DSC08238.JPG

松本方向に数キロ、
三才山トンネルの手前に鹿教湯温泉があります。

DSC08241.JPG

R254というと、今日通った内山峠~コスモス街道。
思いがけない再会に、
ちょっと不思議な感じがしますね。

小学生のころ、クリスマス会でのプレゼント交換。
歌に合わせて回しているうち、
自分のプレゼントが戻ってきよったで、みたいな。

DSC08242.JPG

温泉街の賑わいは近くの別所温泉に任せ、
こちらは静かな湯治場の雰囲気ですね。

DSC08267.JPG

鹿教湯。 信仰心の篤い猟師に、
鹿に姿を変えた仏さまが教えてくれた温泉だとか。

001.jpg
お前とちゃうわ

DSC08255.JPG

今夜の宿に到着しました。
上田市が運営する国民宿舎鹿月(かげつ)荘、
通称「うえだ花月」です。後半はうそです

DSC08253.JPG

エントランスの軒下にバイクを置かせて貰いました。
これで夜来の雨でも大丈夫。

今回は簡単なカバーを持参しました。
こうしておかないと中国人旅行者が跨ります。

DSC08251.JPG

部屋はこんな感じでした。 室内にバス,トイレなし。
2食付で6000円ほどですので、
こんなもんでしょう。

風もないのに掛け軸が揺れるのはご愛嬌。 それたぶん霊

DSC08248.JPG

荷物を置いたらまずはひと風呂。
お湯はとても良かったのですが風呂場が狭いですね。
外湯に行く元気もないので我慢我慢。

尻に深刻な肌トラブルを抱えたおじさんの登場を機に
そそくさと撤収しました。 Ing King

DSC08264.JPG

風呂から出たら夕食の時間です。
宿の夕食としては少々寂しいですが、
ごはんと味噌汁が美味しかったので全然OK。

DSC08265.JPG

食事の後は周辺を探検します。
いい感じに暮れてきましたね。

DSC08276.JPG

薄紅の浴衣を着た娘さんが不釣り合いなほど、
普通に鄙びた集落でした。

DSC08275.JPG

温泉と言う地の利にしがみつくでもなく、
ありのまま、普通に自然な土地の暮らし。

  素敵やん   久々に島田紳助な

DSC08278.JPG

そのせいでしょうか、
真田領にありながら、熊本藩主の加藤清正も
こっそりと訪れていたようです。

DSC08282.JPG

あ、これは「賭博黙示録カイジ」で観たわ。
74mではなく74寸(2.24m)くらいでしょうか。

DSC08273.JPG
000.jpg

更に進むと謎の建物を発見しました。
こういうのが旅の醍醐味ですね。 ( ゚∀゚)

DSC08284.JPG

障子は破れ、すっかり廃墟と化した宿なのですが
「真田家江戸黄金上屋敷」と称する
アミューズメント施設があるようです。

DSC08302.JPG

真田丸人気に乗っかろうと急造したのでしょうが、
やたら修辞の多いネーミングですね。
まったく意味が分かりません。

ていうか、高いわ。

DSC08300.JPG

洒落で入るにしてもこの外観は怖すぎ。
一角に明かりが灯り人の気配がします。

DSC08301.JPG

リゾートホテル天竜閣という施設ですが、
帰ってから調べてみると
ぷよぷよの畳に酸っぱい料理、
なかなかのハードパンチャーのようです。

今は宿泊はできず温泉施設のみ稼働中とか。

  混浴だって。  (;゚∀゚) しもたっ!

DSC08298.JPG

すっかり日も落ち、街灯に明かりが灯りました。
知らない町を歩いていて、いちばん心躍る瞬間ですね。

DSC08299.JPG
DSC08296.JPG

とはいえ、逢魔が時に深入りは禁物。
そろそろ宿に戻りましょうか。

DSC08297.JPG

明日に備えて今日は早く寝ることにします。
初日の報告はこのへんで。

おやすみなさい。

文殊菩薩の化身が余計な電飾の所為で
X'masのトナカイになってしまった画像でお別れします。

DSC08292.JPG
0723.JPG