So-net無料ブログ作成
検索選択

物の怪とあそぶ [ツーリング(超100km)]


2016/05/28

曇り空の下、少し走ってきました。

DSC00376.JPG


最初にバイクを停めたのは川越の町。
埼玉屈指の観光地も早朝は閑散としていますね。

DSC00374.JPG

せっかく通りかかったのだからと
時の鐘の前で記念撮影しようとしたら改装中でやんの。

DSC00373.JPG

「おととい来やがれ、ば~か!!」 (川越女子高校 音楽部一同)

DSC00371.JPG
ぼくにはそう聞こえたんだ

早々に川越を後にし、群馬方面に向かいます。
今日は特に目的地を決めていません。
気分次第のラナバウトってやつ。

DSC00380.JPG

吸い寄せられるように到着したのはとある駅。

DSC00381.JPG

日頃通らない道、
なぜここに来たのか皆目見当がつきません。
物の怪(もののけ)にたぶらかされたのか。

DSC00383.JPG

いったいだれがここをナビに設定したのでしょう。

DSC00384.JPG


  お前だ!! (小前田)



そして、STハイツを建てたのはいったい誰なのか。

DSC00388.JPG

  ちょっと見えにくいけど、お前だ!! (小前田)



飽きたので次に向かいましょう。

55.jpg

小前田駅は綺麗なトイレを完備した
頻尿のおっさんに優しい駅です。

駅舎前には妖精が腰掛けるような木がありますので、
通学途中の女子高生に挨拶するのに最適ですね。 事案

DSC00386.JPG

  pooh.jpg
 
やや西に進路を変え、更に進みます。

DSC00389.JPG

ちょっと風邪気味なので喉の薬を仕入れに
ドラッグストアに立ち寄りました。

と、店先にガチャガチャマッシーンが。

DSC00390.JPG

なになに、「おばけ屋敷のこわ~いライト」?

簡単な幻灯機のようですね。
いくら100円でもこんな子どもだまし。(´∀`) ナイワー

DSC00391.JPG

まあ、そういうことだ。

DSC00392.JPG

リアボックスの暗がりにさっそく映してみました。

DSC00393.JPG

良くわかりませんが、色味からして提灯のやつみたいですね。
早い話がスカです。 スカ言うな

DSC00391x.jpg

小学生のころ、校門前で待ち受けるおっさんに、
大切な小遣いを巻き上げられたものです。
骨が透けて見えるX線メガネとか。
買ったその日に分解したら、鳥の羽のようなものが1枚。

55.JPG

致命傷にならない小さな心の傷を重ねながら、
子どもの感情や優しさというものは育ってゆくようです。
育ち損ねた大人もいるけどね

余計な荷物を増やしながら更に西へ。

DSC00394.JPG

県道を逸れて脇道へ。
新緑の中、踏切の黄色は絵になりますね。

この先の生垣を曲がったら、
子どもの頃の自分に会えるかも知れません。 きっとアホ面

DSC00395.JPG
DSC00400.JPG
DSC00402.JPG

道端に「南蛇井駅」という看板がありました。 南ヘビィ?

難読ですね。 ちょっと偵察してみましょうか。

DSC00413.JPG

「なんじゃい」と読むようです。
ここで生まれたナムコ創業者が
後にナンジャタウンを作ります。 100%うそです

DSC00406.JPG

どこかからシャボン玉が飛んでくるのですが、
あたりを見回しても子どもの姿はありません。
あるいは物の怪の仕業でしょうか?

完全におちょくられてるな。 ( ゚∀゚)

DSC00411.JPG

整然とした駅舎内。
完全な無人駅という訳でもなさそうですね。

近くにコンビニや売店はなく、自販機が1台。

DSC00405.JPG
DSC00409.JPG

   南蛇井のコーラ、  



  ... なんじゃいコーラ、


000.jpg

 なんじゃこりゃあ!!

DSC00412.JPG

うん、

小前田駅あたりから悪い流れになっていますね。
ここいらで流れを360°変えてみましょう。 変わってないで

DSC00420.JPG

下仁田まで来たところでコースを南に取ります。
塩ノ沢トンネルを抜け、上野村に向かいましょう。

DSC00423.JPG

本格的な雨の時期を間近に控え、
あちらこちらで道路の補修工事が行われていました。

DSC00425.JPG

上野村が近づくにつれ対向のバイクが増えてきました。
R299は長野に向かうにも便利なルートですからね。

などと言いながら、バイクの集まる道の駅を避け
上野村役場でひと息入れます。
トイレあり、清流脇の気持ちのいい場所です。

DSC00427.JPG

最近のお気に入り、携帯用アイボン。
もう目薬には戻れません。 ( ゚∀゚)

DSC00431.JPG


黒澤丈夫(たけお)村長の像。
日航機事故の際に奔走された方です。

付近に「黒澤家住宅」というのがありますので、
昔からの名家なんでしょうね。

DSC00428.JPG

名士の家系ともなると、
その土地に張った根も大きいでしょうから、
公職に就く場合に公私の別を保つのが難しいでしょうね。

DSC00432.JPG

でもこういう人ってきっと、
得たものより持ち出したもののほうが随分と多いのでしょう。
才能ある青年を支援し留学させた庄屋階級。
明治期の群馬にはそういう篤志家がごまんと居たそうです。

そんなことを思うと、銅像にされ飾られることは
黒澤村長にしてみたら迷惑千万な話なのかも知れません。

DSC00404.JPG

そうそう、先日取り付けたホーンですが、
車体との干渉はなさそうです。

音もバイクには似つかわしくなく、
歩行者も振り向く音量,音質です。 修験者の法螺貝というか



DSC00429.JPG

あと、ある朝起きたら枕元に置いてあったヘルメット。
昨年末の雪の朝、
お地蔵さんに傘を掛けてあげたからでしょうか。
嫁にも同じこと言えるの?



ちょっと休んだら熱が出てきたようです。
本格的に風邪をひいたみたい。 ( ゚∀゚) 無茶しやがって


小鹿野から秩父へ。
実は秩父神社に入るのは今回が初めてです。

DSC00434.JPG

秩父夜祭といった祭典や神事で有名ですが、
きらびやかな祭殿は私の知る神道、
掃き清められた何もない空間とはいささか異なります。

ま、みんなが笑顔で集う場所なら結構なこと。

DSC00436.JPG

だいぶ身体がほぐれてきたので、
山伏峠を抜けて名栗に向かうことにしました。

ところどころ道幅の狭い箇所はありますが、
集落が点在するためでしょうか、
良く整備された走りやすい峠道です。

ただ最近は自転車の方が多いので、
注意して走る必要がありますね。
センターを割らないよう注意しながらも、
インベタになりすぎないよう、
ブラインドコーナーでは脇をやや甘めに。

DSC00433.JPG

成木街道を抜けたあとようやく昼食です。
14時をずいぶん過ぎていますが今日の一食目。

DSC00441.JPG

今日はたくさんの物の怪と出会いましたので、
お清めに寿司を食べたったわ。 ( ゚∀゚)

DSC00440.JPG

17時頃に帰宅。

ざっくり300kmほど走ったでしょうか。
バイクの調子も良く、いい感じの復帰戦になりました。

log.JPG

ではまた次回。 ( ゚∀゚)ノシ

DSC00442.JPG

追伸、
お清めの甲斐なく、一匹連れてきたようです。
ショーン・マクアードル川上哲治(赤バット)と名付け、
部屋に住まわせることにしました。


 < 風呂わかしてきて                [あせあせ(飛び散る汗)]
                          s22.JPGまじすか?



共通テーマ:バイク