So-net無料ブログ作成
検索選択

practice [ツーリング(超100km)]


2016/03/05

お天気はいまひとつですが、雨の心配はなさそうです。

DSC08107.JPG


バイクも人も約3か月のブランク明けです。
お互いに調子を探りながらゆっくりと走ることにします。

DSC08092.JPG

日頃よりひとつ低いギアを使い、
ギクシャクしないよう丁寧なアクセルワークを
心がけます。

ギアが低いぶんエンジン音が喧しいので、
前車にくっつかないよう大人の配慮。

DSC08087.JPG

早速トラブルが発生しました。 ( ゚∀゚)

ふと気づくとナビに電池残量の表示が出ています。
充電されていないようです。
このままでは家に帰れなくなります。 仔犬かよ

DSC08088.JPG

コネクタ外れやヒューズ切れなどを想定しながら
各部をチェック。
案の定バッテリーへの結線(GND)が外れていました。

うん、充電(CHG)が開始されましたね。
外れたというよりバッテリー交換時に
どこぞのおっさんが付け忘れたのでしょう。 お前だよお前

DSC08089.JPG

所沢の航空公園で最初の休憩を取りました。

約20kmほど走りバイクに慣れた頃合いです。
車に比べて身軽なバイク。
そろそろ調子コキ始めそうな自分を戒めます。

DSC08091.JPG

もちろん大切な用事もすませておきます。

DSC08090.JPG

そして次の火種を仕込んでおきました。
尿意という面では負の連鎖ですが、
強制的に休憩を促す安全装置という
緻密かつ高度に練られた戦略です。

厳冬期には15分で作動するのが玉に傷な。

DSC08093.JPG

川越まで来たところでそろそろ目的地を考えます。
梅の花が盛りのようですが、
今日はあまり混雑しないところがいいですね。

自宅からほぼ100km圏内というと栃木市あたりでしょうか。
ナビを栃木駅にセットします。

DSC07588.JPG

日差しこそありませんが暖かな日です。
道路も比較的空いていましたね。

渡良瀬遊水地の案内板を見つけ、ちょっと寄り道。

DSC08100.JPG

とりあえずウォッチングタワーに登ってみることに。

DSC07591.JPG

さんざん登らせた挙句、

DSC07579.JPG

ちょっと下るという、

DSC07580.JPG

カツカツの体力で生きている私にとって、
憤懣やるかたない構造です。 責任者出てこい。 4段分の体力返せ

DSC07584.JPG

生憎の空模様で一大パノラマという風にはいきませんが、
日頃の生活で遠くを見渡すということがありませんので、
新鮮な気分ですね。

DSC07582.JPG

お、( ゚∀゚)

DSC07585.JPG

ミステリーサークル(途中)を発見しました。
帰りぎわ、管理事務所に知らせておきましょう。 恥かくだけやぞ

DSC07581.JPG

ここでちょっと思案。

栃木市(蔵の町)まであと少しですが、
市街地ではなく少し山沿いを走りたいですね。
岩舟のほうに行ってみましょうか。

DSC08102.JPG

以前の日記[12]にも書きましたが、
岩舟には岩船山・高勝寺というお寺があります。
岩船山は死者の霊の集まるところとされており、
日本三大霊山のひとつらしいです。

DSC08101.JPG

ネットで検索してみると、
亡くなった方が生前身に着けていた衣服を飾るなど、
風化しきれない生の悲しみが充溢した場所のようです。

DSC07590.JPG

物見遊山で訪れるのは申し訳ないという気もしますが、
人の思いの籠る場所というのは
これまでのツーリングでも
ひとつのテーマとして挙げていましたので、
真摯な気持ちで訪ねてみることにしました。

DSC08098.JPG

枯れた野原の薄茶色の風景が延々と続きます。
そのくせ寒さを感じない不思議な感覚。
ぽっかりと空いた季節の隙間に落ち込んだような気分です。

DSC08103.JPG

岩舟の町に入ってほどなく岩船山が見えてきました。
冥界への入り口です。

霊魂の集まる霊山と採石場という生活臭さ。
少々理解に苦しむ折り合い加減が、
この山の異容に表れている気がします。

DSC08108.JPG

山頂の高勝寺へはいくつかのアプローチがあるようです。
メインは600段の石段を徒歩で登るコースですが、
日頃の不摂生ゆえ登り切る自信がありません。 10段ならOK

ということで山頂までの作業路をバイクで登ることにしました。

001.JPG

走り出して30秒で後悔しました。

山合いの狭隘路というのはこれまでも経験がありますが
まったく格が違いました。

荒れた路面はすり鉢状のキャンバーで、
タイヤが正立する面がありません。
かつ鋭角に曲がる道には強烈な高低差があります。

そして極め付けは道路を横切る幅10cm超の溝。
タイヤを直角に当てないと即転倒です。

000.JPG

感覚的に似ているのはスキー場の難関コース。
急勾配のコブ斜面を滑るあの感じ。

咄嗟に滑走ラインを組み立てると同時に、
板の向きを正しく制御しないと抜けられない難しさ。

ビビってエンストさせると確実に転倒します。
そしてバイクを倒すと独力で起こせないでしょう。
度胸一発で駆け抜ける必要があります。

私は二度と登りませんが、
腕に覚えのある方は挑戦してみてください。 煽るな煽るな

DSC07592.JPG

登頂記念(証拠写真)。 ( ゚∀゚)
実はこの時すでに下りのことを考えて憂鬱です。
登坂力はコントロールできても重力は制御不可能ですからね。

DSC07593.JPG

境内は上に載せた写真(山容)の崖っぷちあたり、
東日本大震災での崩落部分近くに位置しているそうです。

上の配置図で霊場と書かれている場所は岩肌の斜面で、
数えきれないほどの卒塔婆が並べられています。
本堂が見え、読経の声が聞こえる場所というのが理由とか。

DSC07596.JPG

霊場の斜面を登る階段脇にはたくさんの地蔵像が並んでいて、
その全てに衣服が着せられています。

DSC07595.JPG

よく見るお地蔵さんの前掛けとかではなく、
町を歩く人が来ているようなスポーツシャツや背広。
とてもその間を抜ける気分にはなりません。
恐いとかではなく、生々しい悲しみというか。

DSC07594.JPG

読経が終わり本堂から小さな女の子が出てきました。
傍らにはおばあちゃんと父親らしき人。
勘の鈍い私でも考え込んでしまします。

自分の命は誰のものか。
極悪走りなどと息巻いているバイク乗りは
一度見ておくといいかも知れませんね。

DSC08110.JPG

境内の様子を写真でお伝えすべきところでしょうが、
カメラを向けると自分がとても下衆な人間になりそうで。

無事に下山しましたが、
来るんじゃなかったというのと見ておくべきだったというのが
半分半分。

DSC08114.JPG

折角栃木にお邪魔したのですから佐野ラーメンでも。
横浜家系のどぎつさに慣れたバカ舌には
鶏がらの澄んだスープは物足りなく感じますが、
年齢を考えると丁度いい具合ですね。 餃子が余計

DSC08112.JPG

川越まで戻ったあたりで薄暗くなってきました。
本丸御殿前の三芳野神社で休憩します。

童謡とおりゃんせ発祥の地とか。 帰りは怖い、なんてな。


DSC08115.JPG

境内の片隅に紅白の梅が仲良く咲いていました。
今年の梅見も目出度く終了しました。 ( ゚∀゚)

DSC08116.JPG

ブランク明けにしてはヘビィな内容になりましたが、
バイクの調子も良く、疲労具合もほどほど。
無理をしなければあと1年くらいは走れそうです。

DSC08121.JPG

気候が良くなるにつれ気分も高揚してきます。
くれぐれも事故のないよう、
お互いに最大限の注意と工夫をしましょうね。

辛気臭いことを言いながら、おわり。


追伸、

帰りみち、児童公園のトイレ。
鏡の裏から薄い霊(イケメン)が滲み出ていました。

DSC08119.JPG

小便ちびるわ。
トイレだから良かったものの。 ( ゚∀゚) アウトオブ便器



共通テーマ:バイク