So-net無料ブログ作成

復活の日 [乗る乗る詐欺]


2016/02/06

いよいよその日がやってきました。

DSC07493.JPG

かれこれ2ヶ月以上放置してましたからね。
ついバイクに敬語を使ってしまうほど久しぶりです。
案の定、セルは回りますが、
エンジンに火が入りません。
001.png
セキュリティやら何やらもありますので、
バッテリーが完全終了する前にギブしました。

DSC07471.JPG

前回の日記に書きましたが、
こんなこともあろうかと新品のバッテリーを調達済み。

  交換 ?

うん、今日はやめとく。 ( ゚∀゚) 動かざること山の如し

DSC07514.JPG

折角なのでうっすら積もった埃を払い、
各部をチェックしました。

バイクの周りとくるくると、目に付く箇所を点検します。
ちぎっては投げ、拾っては喰い。 猿?

DSC07495.JPG

CRC漬けにしたフォークには点錆なし。
リアサスのロッドにも異常はありませんでした。

DSC07484.JPG

前後サスの動きとワイヤー類の摺動、油圧系などを確認。
握ったり揺すったり撫ぜたり頬ずりしたり、
見つめ合ったりはにかんだり。
特に変なところはありませんでした。 むしろ変なとこしかない

DSC07496.JPG

ドライブチェーンもチェック。
シルバーチェーンなので錆は出ていませんでしたが、
乗る前に清掃と注油が必要ですね。

DSC07512.JPG

謎の覗き穴からオイルの状態も確認しておきます。
前回交換から2,000km弱ですし、
水が入っている(白濁)様子もないので
少し走ってから交換することにします。

油面が下がっているのはクランキングしたからですね。
( ゚∀゚) エンジンはかからなかったけどな

DSC07503.JPG

灯火類,ホーンにも異常はありませんでした。
但しETCアンテナのステーがグラつき気味。

初乗り前に整備祭りの開催が決定しました。

DSC07522.JPG

最後にタンクを覗いてみました。
保管前に満タンにし厚手のネル布を被せていたので
結露,錆の心配はないかと思うのですが、
寒暖差の激しい季節ですから、
整備祭りの際、フロート室のガソリンを
抜いて確認することにします。

DSC07524.JPG

そんなこんなで今日の作業は終了。
最後までエンジン音を聞くことなく撤収します。
録り貯めたブラタモリ見ようっと。 ( ゚∀゚)

  復活の日 ?









000.jpg じゃあね!
じゃあねじゃねえわ



【あとがき】

夏の暑さに負け、冬の寒さにも負け、
タラオにも裏のおじいちゃんにも負け、磯野かよ
あまりのバイク乗らなさ加減に
今回から新カテゴリーが爆誕しました。

今度バイクに乗るときには
8の字から始めようと思うねん。


【あとがき ANNEX】

乗りもしないくせにサイドカバーを入手。 ( ゚∀゚)
で、ちょっと仮付けしてみたのが冒頭の写真です。

DSC07517.jpg

発売当初はとても買う気にならない価格でしたが、
廃版からそろそろ3年。
案の定、在庫処分品が見つかりました。

純正の樹脂製よりも安い笑撃価格。 もちろん新品です。

DSC07486.jpg

縁があったのでしょうか、ネットで3分で発見。
この機会を逃すと二度と入手できないだろうと、
お年玉で買いました。 あげる側

DSC07531.JPG

シリンダー部フィンからの流れる感じ。
2004年式以降の黒エンジン仕様に良く似合います。

タンクからのラインと交差する様は
フィリピン海プレートとユーラシアプレートを彷彿させます。

DSC07493.jpg

001.jpg

裏側は往年のアルフィンカバー(BEETきよし)と同じ
スタッドボルト仕様。
本家とは違って砂型で鋳抜いたらしく、
ピンホールがありますが、見なかったことにします。

DSC07479.jpg

車体に馴染ませるためエンブレムを付けてみました。
21世紀のテクノロジーの粋を駆使し、
着脱可能,信頼と安心のネジ留めとしました。

--
ZR750エンブレム(カワサキ純正部品)
  56050-1910 LH
  56050-1911 RH  各1,412円(税込)

DSC07527.jpg

完成図をイメージしたり取り付けるための細工をしたり。
そんなことやってる間がいちばん楽しいですね。

バイクに付けるかどうかは追々決めます。 ( ゚∀゚) なんじゃそら

2016/02/07

日曜日。
昼過ぎになって木曜日から4連休だったことに気づきました。

ひょっとしたら1日くらいバイクにのるチャンスがあるかも
知れません。 管制塔に緊張が走ります。

急遽、バッテリー交換をすることにしました。 泥縄

DSC07535.JPG

希硫酸を注入し、反応が落ち着くまで1H放置。
水素ガスが出るらしいですから換気に注意ですね。

DSC07541.JPG

注液口を封止したら充電するのですが、
満充電まで3Hほどかかりました。

都合4.5H (おやつタイム含む)。
結局バッテリー交換を始めたのは16:30すぎ。 ( ゚∀゚)んもう

DSC08055.JPG

古いバッテリーの電圧を計ってみたところ11.73V(無負荷)。
2012/3/17交換 とのラベルが貼ってありました。
ほぼ4年ですね。
一昨年に一度過放電させてしまったのですが、
復帰後は問題なく使えていました。

  やるじゃん、台湾ユアサ  ( ゚∀゚)

DSC08058.JPG

交換完了。

スターターに触った瞬間、エンジンがかかりました。
むしろ触る前からかかっていたような気がします。 ない
あれだけ沈黙していたのが嘘みたい。
やはりバッテリーは大事ですね。

DSC08064.JPG

エンジンを止め電圧を計ってみると13.12V。

先ほどと2V足らずの差ですが、
流せる電流が違うんでしょうね。
トイレに喩えると大のレバーみたいな。
もちろん比重の軽いうんこなら小でも流(略

000.jpg

異常がないか電装系をチェックしました。

点火に余裕があるからでしょうか、
エンジン音も整然として力強く感じますね。

DSC08057.JPG

イリジウムプラグが1本1,500円だとして、
4本替えるよりバッテリーのほうが安いという事実。 ( ゚∀゚)


ついでにサイドカバーも交換しました。
脱落防止のワイヤーを取り付けましたので、
簡単には外せなくなりました。 ( ゚∀゚)

DSC08063.JPG

バッテリーを交換した以上、
そろそろ乗らないとマズいですね。
チャンスを窺うことにします。

ではサザエさんが始まりますのでこの辺で。
お前、そういうとこやぞ


共通テーマ:バイク