So-net無料ブログ作成

can-non [ツーリング(近場)]


2014/10/18

今日は近場をうろうろと。  
青梅から成木街道を目指します。

DSC07405.JPG

日が射しはじめると、気温が上がってきましたが、
山蔭に入ると急に冷え込みます。
山ではそろそろ冬に向かい始めているようです。

DSC07407.JPG
DSC07411.JPG

名栗の町に入ると、今日の目的地が見えてきました。
チャゲアスの「YAH YAH YAH」に歌われた、
あの名栗です。

DSC07416.JPG

鳥居観音、参道入り口。
上のほうまでバイクで登ることができるようです。

DSC07418.JPG

通行賃、バイクは300円。
係の人が居ませんので、払わない人も多いのでしょうね。
小さく畳んだ一万円札をねじ込みます。 うそつけ

DSC07417.JPG

苔だらけの滑りやすい急坂をなんとか登り切りました。
稜線の先、谷の向こう側に奴の姿が。

DSC06383.JPG

ここから先もバイクで進むことができるようです。

   素晴らしい。 ( ゚∀゚)

でもダートみたいだし、
最近運動不足なので歩くことにします。
熊とエンカウントしないよう、
水戸黄門のテーマを口ずさみます。

DSC06418.JPG
DSC06417.JPG

参道沿いに怪しい施設が点在しています。
無事に下山できるのか、ちょっと不安。 (;゚∀゚)

DSC06396.JPG
DSC06398.JPG

名栗に入るといつも感じるのですが空気が美味しいです。
あまり感覚的な修辞は好きではありませんが、
不思議とそう感じます。
特にこの季節は空気の粒が濃いですね。 粒などない

DSC06404.JPG
DSC06421.JPG

はるか眼下に名栗の集落が見えます。
高所からの視点では、
山里の暮らしが随分と心細いものに感じられます。

DSC06413.JPG

 
  なんにもしないで生きるより  何かを求めて生きようよ

幻の4番まで歌い切ったころ、奴の側面に回り込みました。
        まだ歌ってたことに驚きだ
後頭部に展望台のような微妙なケージがありますね。

DSC06405.JPG

しかし山の上によく作りましたね、こんなの。 こんなのて言うな

正面に出たところで、3体並んだ姿を写真に収めます。
ヒゲが木に隠れてしまいました。 アルフィーかよ

DSC06407.JPG

拡大図。 額の部分が本体です。
ちなみにさかなクンはハコフグが本体らしいです。
下のおっさんは帽子置き。

DSC06408.JPG

胎内めぐりができるようですが、別にいいや。
幼稚園児が大挙登ってきたところで
山を下りることにしました。
苔むした急坂を思うと、ちょっと憂鬱。

DSC06410.JPG

とまあ、以前から気になっていた鳥居観音ですが、
意外と簡単にアクセスできることが分かりました。

  うん。

下から遠目に見上げているほうが風情がありますね。 ( ゚∀゚)
すれ違ったおばさん達が真顔&無口だったことに合点。

DSC06423.JPG

とはいえ、ゆったりと時間を過ごすにはいいポイントです。
楓が多い山ですので紅葉のころは綺麗でしょうね。
                      観音いらない

DSC06414.JPG
                     / また来いよな \

麓の蕎麦屋さんで早めの昼食にしました。
天ざる950円。 機械打ちですが腰のある蕎麦です。

DSC07425.JPG

以前にも来たことがあるのですが、
ここは天麩羅の揚げかたが上手です。
お店の人も愛想がいいし。

わざわざここを目指したりはしないものの、
うまい具合に食事時に通りかかったら迷わず入るてな感じ。

DSC07426.JPG


帰りみち、立川市の古民家園でひと休みしました。

DSC06434.JPG

木戸の前に立つと、薪をくべるいい香りがしてきました。
ちょっと入ってみましょうか。

DSC06425.JPG

ボランティアの方に伺うと、
毎朝10時頃から囲炉裏に火を入れるそうです。
茅葺屋根の害虫除けが目的だとか。

DSC06426.JPG

むかしこの辺りでは鷹狩りが盛んだったそうです。
奥の間は格の高い人が休憩できる造りになっていました。

DSC06433.JPG
DSC06430.JPG
DSC06429.JPG

ここに来たときはいつも濡れ縁でのんびりとします。
ボランティアの方も心得ていて、
絶妙な距離感を保ってくれます。 
もてなしというのは80%が機微ですね。 おっさんになると分かるぞ

DSC06432.JPG

小一時間ほど昼寝したい気もしますが、
知らないお婆さんとかが夢にでてきそう。

ご先祖は子孫にきちんと供養されているのでしょうが、
古い家には家霊が棲むっていいますからね。

DSC07427.JPG

バイクに戻りふと見ると80,000kmを超えていました。
地球一周が40,000kmだそうですから、
ふたまわりした計算。

DSC07429.JPG

ふたまわり。

陽水に「人生が二度あれば」という曲がありますが、
来春に娘がひとり立ちするのを機に、
少し違う生き方を始めてみるのもいいかも知れませんね。

DSC07428.JPG

久しぶりに聞いてみたのですが、
改めて親の立場で聞くと、ずいぶん昔と印象が違います。

歳はとりましたが、
子どものために人生を磨り減らした覚えはありません。

DSC07409.JPG

奴は几帳面ですから、妙な荷物を背負わせないよう、
いつかそのことをきちんと伝えないといけませんね。

てなことを考えながら走った秋の日でした。
では皆さま、楽しい週末を。


コメント(4) 

コメント 4

ごめんなさい、コメント機能を停止しています
ごん

nonameさん、おはようございます。

この日記を拝読して、昨日の私と似ていて驚きました。

夕方に成木街道を走り、あの名栗の橋で写真を撮ろうと思いました。
結局そのまま通り過ぎてしまいましたが(苦笑)
それに天ざる食べて、違う寺ですけど観音堂も見ました!

とどめが「違う生き方」です(笑)
私もこの先10年、15年の自分らしい生き方とかを
考えながら青梅街道を走っていました。
そういう歳なのか、秋だからなのか、どうなんでしょうね(笑)

by ごん (2014-10-19 09:59) 

noname-rider

ごんさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

それは奇遇でしたね。
私が帰宅したのが14時頃でしたから、
それからお出掛けになったのでしょうか?
お昼過ぎからは暖かくていい日和でしたね。

物想う秋、なんてことを言いますが
ひょっとしたら名栗という土地が
そういった気を持っているのかも知れませんよ。
山のなか、谷あいの集落でありながら
からりとした陽な雰囲気のある場所ですからね。

私も最近、お昼は蕎麦が多くなりました。
100パー、ごんさんの影響です。 ( ゚∀゚)

by noname-rider (2014-10-19 10:24) 

wakaba+

nonameさん、こんばんは。

今週末は、ようやく秋らしい青空が広がりましたね。
皆さん運動会やお出掛けなど、満喫されたのではないでしょうか。

ソロでのんびりカワヤ見学もアリですね。(°∀°)
天ざるの天ぷら、前回のよりも衣がサクサクしてそうで美味しそうだし
山の上のALFEEは、しっとりとした空の青に映えててステキだし
言うことなしなのでは?(笑)

出先でお蕎麦もいいですが、澄んだ空気の中でお弁当もいいかもしれません。
さあ、出掛けてみませんか?

なんて…
意味もなく煽ってみた。(笑)

by wakaba+ (2014-10-19 19:47) 

noname-rider

ワカバさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

本当にこの週末はいいお天気でしたね。
青空に誘われて高いところに登ってしまいました。

古民家の厠、堂々の漆塗りです。 ( ゚∀゚)
実はこの建物は3階建で、
色んな謎空間が隠されていました。
文化=合理性,経済性というのは大嘘で、
闇や隙間のある家が
心の豊かな子どもを育てるような気がします。

山上の異空間も同様ですね。
自分の中に確たる正義があれば、
理由づけなんてどうでも良い気がします。

お弁当もいいですね。
むかしどこかでお握りを入れる竹籠を買ったのですが、
食器棚のどこかで眠っている筈です。
煽られてちょっと探してみることにします。 ( ゚∀゚)
by noname-rider (2014-10-19 23:02)