So-net無料ブログ作成
検索選択

見えない [ツーリング(超100km)]


2014/09/14

中央道 藤野PA 05:15

DSC07218.JPG


まだ夜ですってば。 ( ゚∀゚)

今日は久しぶりの早起き。
前夜からレポートを書いていた娘が寝るところでした。

DSC07219.JPG

神無月を来月に控え、今日は西と東の神さまが相談をする日。
北アルプスを目指して飛んでゆく東の神さまをお見送りしました。

 説教の神(東京)
 幕営の神(東京)
 川蝉の神(神奈川)
 
 

 徹夜の神(富山)
 武運の神(三重)

DSC07222.JPG

連休中日とあって、早朝から中央道は混雑の兆し。
気を付けて行ってらっしゃい。
富山と三重の神さまによろしくね。 ( ゚∀゚)

DSC07225.JPG
DSC07227.JPG

お見送りを終え、大月ICで高速を降りました。
せっかくなので富士山でも眺めて帰ることにします。

DSC07228.JPG

富士みちを辿って富士吉田まで。
そのままR139で身延あたりまで行ってみましょうか。

DSC07229.JPG

富士山を巻くように隆起した土地の合間を、
綺麗な川が流れています。

DSC07231.JPG

川沿いの街道は富士への貴重なアプローチだったのでしょうね。
富士講が盛んだったころには大層な賑わいだったと思います。

DSC07232.JPG

富士山の北側、樹海の間を縫って本栖湖まで来ました。
モトスコ。
片仮名で書くとコストコみたいになりますね。

うん、朝は調子がわるいです。 (;゚∀゚)

DSC06230.JPG

少し霞が掛かっていますが、富士山がうっすらと見えます。
しかしこんな逆光でも写せるデジカメって優秀ですね。
ちょっと前まで太陽に向けていいのは日光写真だけでした。

DSC06232.JPG


身延の町まで来たのですが、
目当てにしていた「ゆばの里」、開店まで1時間以上あります。

今日のお土産は、生湯葉から信玄餅に変更。

DSC07246.JPG

早朝の道は走りやすくていいのですが、
下手をすると町の上っ面を撫でるだけで終わりそう。
朝の風景と空気のなかを走るだけで十分気持ちいいんですけど。

国道を外れて久遠寺まで登ってみました。
ここではQuoカードとIONカードが使えます。  Quion寺、なんてな。

DSC06234.JPG

実は久遠寺には何度か来たことがあるのですが、
三門の中に足を踏み入れたことがありません。
なんか怖くて。

もちろん上り坂が嫌いというのはありますけど、( ゚∀゚)

DSC06239.JPG

国家鎮護という奈良仏教の大雑把さに対し、
鎌倉仏教の救済という粘着度の高い教義に
抜き差しならない息苦しさを覚えます。

DSC06241.JPG

ずいぶんと昔、「法隆寺秘宝展」というのを見たのですが、
鎌倉以降、鳥肌の立つ相貌の仏像が多いように感じました。

鎌倉から南北朝を経て室町に至る戦乱の世、
救いを求める、あるいは人心の乱れを諌めるといった
時代の気分を反映したものかと納得した覚えがあります。

DSC07245.JPG

山を出て、富士川に沿って下ってゆきます。

川幅が広くなったり狭くなったり。
大きな岩が点在し、落差,流量のある富士川の眺め。
これを見たくて無意識のうちに
今日のコースを選んだのかも知れません。

DSC07243.JPG
DSC07244.JPG

そういえば今日はまだきちんとした富士山を見ていませんね。

電車を待っているおばさんにいい場所はないか尋ねてみました。
白鳥山という山の頂上から富士山が一望できるとのこと。

行ってみましょう。

DSC07247.JPG

ゴルフ場の看板を目印に山の中へ。
2mほどの幅しかない山道を登って行きます。

両側のゴルフ客からガン見されながら、着きました。
白鳥山です。

DSC07248.JPG

フォントからイラストから、まるでダメダメな看板ですが、
この山には凄い秘密が隠されていました。

山梨県民はずっと隠してきましたが、
実はこの山は日本一の高さを誇っています。
そう、国内最高峰は富士山ではなかったのです。

DSC07249.JPG

な? ( ゚∀゚)

DSC06249.JPG

ちょっとここで躊躇。

基本的に歩くことが嫌いな私、
頂上からの眺望と山道を秤にかけます。

ま、言うても1グリコ(300メートル)ですから。
折角ここまで来たことですし。

ということで登ってみることにしました。

DSC06243.JPG

  マイルか?
    300メートルじゃなくて300マイルか?

しかも途中から斜度は上がるし。
疲れが極限に達したとき、様々な疑問が去来します。

  おっさんがこんな山中で何をしとんねん
  日本で二番目やぞ、富士山て

  恋人の聖地て

  恋のバンダナってなんやねん、近藤真彦

黒目の直径が1mmくらいになった頃、山頂に到着しました。

DSC06247.JPG

  これか?

  苦労して山道を登った御褒美がこれか?

一番肉薄の箇所なら叩き割れそうな気がします。

いやいや、こんなのは単なるおまけ。
一番の御褒美は富士の雄大な眺めです。

DSC06245.JPG

  しばくぞ。

丁度エエ感じに雲が掛かり見事なまでに富士山が見えません。
正確に言うと、富士山だけが見えません。

デビット・カッパーフィールドのイリュージョンかよ。
怒りに任せ、江戸の火事のように半鐘を打ち鳴らします。

DSC06248.JPG

こうなったら意地でも富士山を見ないと収まりません。
収まるもなにも、恋人の聖地にノコノコ登って行った
おっさんの魂が浮かばれません。

更に南下、富士宮を目指します。

DSC07252.JPG

浅間大社。

しかし鳥居って神社にとっては顔みたいなものでしょう?
裸の大将で喩えるとランニングシャツみたいな。

宗教的意味からして、こんな垂れ幕ぶら提げていいのでしょうか?

DSC07254.JPG

日本神話の女神も顔ハメにされてるし。 頭頂部が富士山て。
世界遺産は名誉ですが、少し何かが狂い始めた気もします。
非科学的であれなんであれ、
関係者は「神様は居る」ってシレッとした顔で言い続けないと。

時計を見ると11時ちょっと前。
観光客でごった返す前に食事を済ませておきましょう。

鳥居前の売店で富士宮焼きそばを食べました。

DSC07251 - コピー.JPG
味の募金箱や~

普通に美味しかったけど焼きそばは200円。
残りの300円は愛想の良いおばちゃんへのお礼です。



お腹が満たされるといい知恵が浮かぶもの。
雲に隠れて見えないのなら、
間近まで行けばいいことに気づきました。 ( ゚∀゚)せや!

ということで、富士山スカイラインで水ケ塚に向かうことに。

DSC07255.JPG

万策尽きました。
富士山は諦めて今日はもう帰ることにします。

東の空はいいお天気です。
二番目だからってそんなに拗ねなくてもいいのに、富士山。

DSC07256.JPG

終始穏やかなお天気だったのですが、
結局富士山をきちんと見ることができませんでした。 

でも気持ちの良い朝の空気の中を走れたので満足。

DSC07258.JPG

早起きは三文の得。
神さまのお蔭でむっちり濃厚な午前中を過ごすことができました。

皆さん無事に戻られたでしょうか? つつがなしや。

おわり。


コメント(6) 
共通テーマ:バイク

コメント 6

ごめんなさい、コメント機能を停止しています
ごん

nonameさん、こんにちは。

朝早くにお付き合い頂き、ありがとうございました!
昨晩は日が変わる前になんとか家に着きました。
お預かりした品は、徹夜の神と武運の神に奉納しましたよ(笑)

ゆば、さすがに時間が早過ぎましたね(笑)

早朝ツーは空気が気持ち良くて道も空いていていいですね。
さすがに三連休の中日は、どこも早朝から深夜まで渋滞でしたが。
午前中で切り上げるのが正しい選択と思います。

富士山は残念でしたが、くっきりと青い空に湧き上がる白い雲も悪くないですね!

by ごん (2014-09-15 11:46) 

wakaba+

nonameさん、こんにちは。

献上品、確かに受け取りました。
ありがたき幸せ。

ま、一番の献上品はノンたんの極上の笑顔れすけど。(噛んだ)


山梨おそるべし!(゚∀゚)
富士山を見下ろせる場所があるだなんて、考えてもみませんでした。

何か突然思いついたんですけど…

ノンたんをアタマを撫でると、ご利益がありそうな気がします。(笑)

アリガタヤ アリヤタヤ…

by wakaba+ (2014-09-15 13:18) 

noname-rider

ごんさん、こんにちは。

午前様直前でしたか。 遠路、お疲れさまでした。
今日はゆっくりと過ごされているのでしょうか?

荷物を増やしてしまいすみませんでした。
冷えは首筋から来ますから、少しでも役に立てばと。
お弁当でも包んでください。 ( ゚∀゚)

今夕は中央道も東名道も大渋滞のようですね。
お天気にも恵まれ、
旧友と楽しい時間を過ごされたことと思います。
それにしても三重の神さまはフットワークがいいですね。

そうそう、富山の神さま、
呼ぶなら銀塩の神のほうが似合っているのですが、
いまやデジカメが主流ですからね。 

無事のご帰還、お疲れさまでした。

by noname-rider (2014-09-15 14:02) 

noname-rider

ワカバさん、こんにちは。

藤野PAでワカバさんが参加されると聞いて驚きました。
多めに持ってきて良かった。 (;゚∀゚)アッブネー
たぶん東京組と同じくらいの距離があるのでは?
ワカバさんも流星号もお疲れさまでした。

こんな笑顔で良ければ幾らでも。
なんなら3Dデータにして送りましょうか?

山梨の懐の深さには私も驚きました。
ずっと日本一を隠していたんですね。
しかも頂上付近までバイクで登れてしまうなんて。

頂上の東屋には、釣竿を持ったおじさんが居ました。
山の上でなぜ? 山梨は謎に満ちています。

頭ならいくら撫ぜて戴いても結構ですが、
てっぺんの柔らかいところは絶対に押さないでね。
って、赤ちゃんかよ。 ( ゚∀゚)

長旅、お疲れさまでした。

by noname-rider (2014-09-15 14:14) 

なお

こんばんは。

藤野に着いて最初に目に飛び込んできたのはnonameさんでした。あっ、いたいた、と思いました。黄色と黒、ほんとはなんとかカラーと言うのでしょうけれど、とても綺麗です。

バンダナをありがとうございました。ジップロックに入っているあたりになぜかnomameさんを感じました。

無理のないツーリングがあったら是非ご一緒したいと思います。
by なお (2014-09-16 21:28) 

noname-rider

なおさん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

一時期、この派手な色合いが恥ずかしくて
真っ黒にしたことがありましたが、
乗り手が輪をかけて地味なので補正しています。 ( ゚∀゚)

いえいえ、宜しければ使ってください。
一度洗濯しないとゴワゴワして痛いと思います。
孫が出来たら、ひとり分ずつお菓子を袋に入れて
配るような予感がします。

今回は早朝スタートのお蔭で
渋滞を気にせずゆったりと周ることができました。
皆さんお忙しくてなかなか調整が難しいですが、
山のコテージでも借りてのんびり焚き火でも眺めたいですね。

弾丸ツー、お疲れさまでした。

by noname-rider (2014-09-17 08:57)