So-net無料ブログ作成

幸せは白いTシャツ [ツーリング(超100km)]


2014/07/12

Tシャツを買いました。 ユナイテッド・アスレの6.2オンス。
汗を良く吸ってくれるので、夏場は重宝します。

DSC07022.jpg


台風一過の夏空の下、新しいTシャツで出掛けましょうか。
今日は暑くなりそうですから、山がいいですね。

DSC07032.JPG

いつもより西寄りにコースを取り、青梅から名栗に向かいます。

出発が遅くなったので所沢経由のR299は渋滞と予想。
涼しい山伏峠を越えて秩父に入ろうという魂胆です。

DSC07031.JPG
ミニでマックス

我ながらいい選択でした。
青梅から名栗に入ったあたりで空気が変わりました。
日差しは強いものの、
沢沿いの道は涼しい風が吹いています。

DSC07036.JPG

お腹が空いて力が出ないとか、
風邪薬を飲んだら眠くなるとか。

今までそういうのはあまり信じていませんでした。
お腹が空いてても元気だし、薬を飲んでも眠くない。
歯磨きのチューブじゃあるまいし、
人間ってそんな単純な構造じゃないだろと思っていました。

DSC07030.JPG

でもある時期から変わりましたね、歯磨きのチューブに。
押せば中味の出るシンプルさ。
年齢とともに余裕の部分、タメの部分が磨り減ったんでしょうね。

なもんで、水分補給と食事の大切さを再認識した次第。
ただでさえ夏のツーリングは過酷ですから、
涼しそうな木陰を見つけてはバイクを停めて小休止。
大切なのは面倒がらずにヘルメットを脱ぐこと。

DSC07078.JPG

そんなこんなで秩父に着いたのは11:00すぎ。
このまま奥秩父に向かうと、
いつものパターンで面倒くさくてご飯を抜いてしまう予感。
駅前にバイクを停め、しっかりと食事を取ることにしました。

DSC07047.JPG
DSC07040.JPG

秩父といえば蕎麦の里ですね。
荒川上流の綺麗な湧水で打った蕎麦は絶品でしょう。

ということで、わらじカツを頼んでみました。 ( ゚∀゚) オイ

DSC07042.JPG
DSC07043.JPG
こぼすな ↑

大きいことは大きいですが、
店先のサンプルに比べると見劣りしますね。 看板に偽りあり。

DSC07041.JPG
サンプルちゃうで

脂と糖分、そして野菜ゼロ。 来週の人間ドックが楽しみです。

お店から出ると、外の気温は一段と迫力を増していました。
早いとこ山に逃げ込むことにしましょう。

DSC07049.JPG
DSC07050.JPG

大滝を過ぎたあたりで秩父湖方向に向かいました。
雁坂トンネルへのアプローチはループ橋ではなく、
旧秩父往還で栃本の関所を抜けることにします。

理由?  気分です、気分。 ( ゚∀゚)

DSC07051.JPG

今日一番のショック。
秩父湖のほとり、三峰神社へのトンネルが閉鎖になっていました。
[参考]

あ、やっぱ一番はカツの大きさだから二番ね。 どうでもええわ

DSC07054.JPG
DSC07056.JPG

代わりに湖上に綺麗な道路が通っています。

手掘り感満載、中で分岐があったり信号機が付いてたり。
不便な分だけ風情のあったトンネルなのですが、
時代や利用者の求めに合わなくなったのでしょうね。

DSC07057.jpg
DSC06210.JPG
012.PNG


栃本の関所へと急坂が続きます。

木を切り出したり畑に下りたりするのに邪魔なガードレールは
ありません。
ここは安全で便利な観光地ではなく、人の暮らす土地だと実感。

DSC06216.JPG
DSC07063.JPG
DSC06212.JPG

栃本の関所跡に着きました。
朽ちもせず、手を入れた様子もなく、
3~4年ほど前に来た時とまったく同じ佇まい。

DSC07060.JPG
DSC07058.JPG
DSC07065.JPG
013.PNG


雁坂トンネルを抜け、塩山に向かいます。
トンネルへと続く新道に復帰。
行き交うバイクの多さに今日は土曜日だと思い出します。

DSC07066.JPG

トンネルの中はひんやりとしてチョーいい感じ。 おっさんがチョーとか言うの禁止
ここに布団を敷いたら良く眠れそう。 ( ゚∀゚)

DSC06217.JPG

塩山に着いたところで本官さんと記念撮影。
秩父往還から恵林寺方向に曲がる目印ですので、
いつまでもここに立っていて欲しいですね。

DSC07070.JPG

たぶん昭和50年ごろのものだと思うのですが、
ちょび髭が描かれていないのが奇跡。
甲州人の民度の高さに感心する関西人。 

DSC07072.JPG


塩山からは大菩薩ラインで柳沢峠を抜け丹波山に向かいます。

午後2時の太陽は強烈ですが、
そろそろ道路にも山影の部分が増えてきました。

DSC07075.JPG

今日は幾度となく休憩を取りました。
道端にバイクを停め、沢からの涼しい風を楽しみます。

014.PNG

週末は結構休んでいるGSが多いですね。
ここから小菅村、松姫峠へと抜けようと思っていたのですが、
人里離れた峠に向かうにはガソリンが心配です。

大事を取ってそのまま奥多摩方面に向かうことにします。

DSC06219.JPG

標高を下げ、奥多摩湖に近づくにつれ空気が変わってきました。
さほど暑くはないのですが、湿気が多い感じ。
不快なほうに向かって帰らなければならない口惜しさ。 ( ゚∀゚)

DSC07085.JPG

奥多摩湖の湖畔まで来たところで今日のツーリングは終了です。 
あとは単調な帰りみち。

日差しの強い一日でしたが、水分補給と休憩を心がけたので
集中力を切らすことなく楽しめました。

DSC07074.JPG

  日ごろ住む土地とは違う景色や空気。  
  元気に全行程を走り抜ける体力と気力。

  そして夏空に白い雲。

そんな些細なことをなんとなく幸せに感じた一日でした。

001.jpg
おわり。








 


コメント(4) 
共通テーマ:バイク

コメント 4

ごめんなさい、コメント機能を停止しています
ごん

nanomeさん、こんにちは。

土曜日は暑かったですけど、楽しまれたようで何よりです。

夏はこまめに休憩して、ヘルメットとジャケットを脱いで水分補給が大切ですね。
頭と体内に熱がこもると意識がもうろうとしてきますから。

夏バテ防止に豚肉はいいそうです。
それにしても、わらじカツ丼は量が多過ぎで、あとで眠くなりそう。
nonameさん、よく食べますよね~(笑)

若い頃、片岡義男の影響を受けて、白いTシャツ1枚でツーリングしていました。
今考えると危ないことしていたのですね(苦笑)

by ごん (2014-07-14 12:08) 

wakaba+

nonameさん、こんばんは。

大切なのは面倒がらずにヘルメットを脱ぐこと。
      ↑
そのとお~り!ですね。(財津一郎でひとつ)
ついつい走り続けてしまい、クッタクタになった事があります。(゚∀゚)

×ンコ目線のトンネルとか、「落石注意」の標識がある細道とか…
確かに、新しいバイパスは便利でいいですが
バイクだと、わざわざ旧道を選んで走るのが楽しかったりします。(笑)

涼しい風が吹き向ける渓谷へ…
今度はひとりで出かけたくなる記事でした。(笑)



by wakaba+ (2014-07-14 20:11) 

noname-rider

ごんさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。
今日も暑かったですね。 (;´Д`)

今回は油温を休憩の目安にしました。
110℃を超えたら休もうって。
山の上は涼しいですから、
後半は90℃で休んでましたけど。 ( ゚∀゚)

たくさん食べているように見えますが、
半分以上は森の生き物たちに分け与えています。
うそです、ごめんなさい。

そうですね、昔はみなTシャツで走ってましたね。
膝だけ守れば大丈夫みたいな気分がありました。
思えば根拠に乏しい規範でしたね。 ( ゚∀゚)

by noname-rider (2014-07-14 22:00) 

noname-rider

ワカバさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。

つい億劫になって走り続けますけど、
気候が厳しいぶん、
体力,気力をうまく配分しないといけませんね。

冷たい水で頭や首筋を冷やすといいみたいです。
大き目のタオルを持参するようにしています。

旧道はいいのですが、
旧トンネルには大抵オバケの話があったりします。
そのへんの匙加減が難しいですね。
あと、山道では日本猿や猪にも良く出くわします。 (;゚∀゚)

近いうちビーナスMTGでもやりましょう。
昔の仲間で集まって地底人の話でも。 ( ゚∀゚) 

by noname-rider (2014-07-14 22:16)