So-net無料ブログ作成

ぶどう峠のこと [ツーリング(超100km)]


GWもひと段落した5月7日、
久しぶりにバイクで出掛けることにしました。

DSC06728.JPG

9時すぎ、秩父に到着。 まずは羊山に登ってみました。

これから超える山のほうを眺めると、
少し雲がかかっているようです。

DSC06101.JPG
DSC06093.JPG

この季節の羊山は芝桜で有名ですね。
GW中や週末には通行規制が行われるほどの盛況ぶりですが、
今日は駐車場の誘導員も所在なさげ。 これはチャンスです。

ということで、写真を撮ってみました。

DSC06098.JPG

ま、看板なんですけどね。

DSC06099.JPG

だって芝桜のところまで結構歩くんだもん。 おっさんはだもんとか言わないの

まだ先が長いので体力温存、
歳を取ると屁理屈ばかり達者になります。

DSC06095.JPG


小鹿野から志賀坂峠を越えて神流町(群馬県)へ。
R299で上野村を目指します。

DSC06103.JPG

ほどなく上野村に入りました。
今日のメインイベントを前にスカイブリッジに寄り道。
逸る気持ちを抑えます。 

内山田洋とクールダウン。 一行削除

DSC06107.JPG

料金100円をスロットに入れ、橋の中ほどまで。

DSC06109.JPG

  うっひょう ♪

クリスタルキング(右)より高い声が出ました。

DSC06112.JPG

橋の袂の注意書き。
バンジージャンプは禁止だそうです。 残念。

スカイブリッジへは沢の両側に二本のアプローチがありますが、
まほーばの森ではなく不二洞側がお勧めです。
両方とも凍結期の撒き砂が大量に浮いていますので
注意して走行してください。

DSC06114.JPG


楢原の郵便局から神流川沿いに三岐方面へ。
今日の目的地、ぶどう峠を目指します。

DSC06115.JPG
DSC06116.JPG

R299、十石峠は何度か越えたことがあるのですが、
ぶどう峠は今回が初めてです。

009.JPG

地方道(K124)ゆえ地図上の表記は心許ないですが、
意外に国道の十石峠より通行止めになることが少なく、
道幅も広く走りやすいそうです。

DSC06732.JPG

10年ほど前、日航機事故の本を何冊か読みました。
墜落現場を懸命に探す捜索隊。

DSC06734.JPG

混乱した状況のなかで何度かぶどう峠の名前が挙がりました。
その時の印象が10年を経て、こんな形で今日につながりました。

DSC06736.JPG

事前の情報の通り、道幅は比較的広く傷みも少ないようです。
ただやはり浮き砂と枯葉、落石が多いので注意が必要です。

DSC06738.JPG

随分登ってきました。 ナビの高度表示では1300mほど。
まだまだ峠には着きません。

見上げると山の斜面に貼りつくような九十九折の道。
山を越えようという、人びとの執念を感じます。

DSC06737.JPG

最後のアプローチは空に向かって飛び出すような急斜面。
富士登山に喩えると、9合5勺からの胸突き八丁のあたりです。

DSC06741.JPG

坂を登り切り、やっと長野との県境に到着しました。
夢にまで見た(本当は見てないけど)ぶどう峠です。

DSC06743.JPG
DSC06118.JPG
DSC06121.JPG

こじんまりとしたスペースには先客が一人。
ゆっくりと煙草を愉しんでらっしゃるようでしたので、
軽く会釈だけ。

ひと息ついたら小海に向かって下ってゆきます。

DSC06119.JPG
DSC06120.JPG

昨夜の予習ではこれから通る北相木村も楽しそう。
小海の町から相木川沿いに県境へと繋がる山里です。

DSC06746.JPG
DSC06747.JPG

保育園や寺社、学校。
道路沿いに生活に必要な施設が最小ノルムで揃っています。

DSC06755.JPG

若い人にとっては少し刺激が足りないかもしれません。
複数から選ぶというささやかな願いも満たされないかも。

DSC06754.JPG

でもこの簡素さ。
暮らすうえでの見晴らしというか居心地の良さというか、

昔は不便を克服するのが人びとの願いでした。
でも今は気を抜くと必要以上に便利になってしまう時代。
ある程度のところで昔を残すことがとても贅沢な気さえします。

なんて、余所者が勝手なことをほざいています。

DSC06752.JPG

小海の町に出ました。 そろそろ夢から覚める頃合いです。

DSC06760.JPG

国道沿いで遅めの昼食にしました。
ずいぶん昔の夏の日、軽井沢あたりに旅行した帰りみち
家族で立ち寄った店です。

DSC06762.JPG

思い立って、あの日と同じかつカレーを頼んでみました。

DSC06763.JPG

こんもりと盛られた野菜サラダ。 覚えがあります。

DSC06765.JPG

さっくりと揚がったロースかつに、ひと味足りないカレーソース。
驚くほどのタイムカプセルぶりに顔が緩みます。


店を出て駐車場の裏手に回ると、
冗談みたいに近くを走る小海線。

長野牧場で日が傾くまで蜻蛉を取っていた娘も22歳。

DSC06771.JPG

時間の流れには淀みがあり、
旅先で自分にとっての昔に出会うという経験は
皆さんお持ちだと思います。

今が不幸な訳でも昔が薔薇色だった訳でもありませんが、
戻らない時間への憧れは
歳を取るほど苛烈で残酷なものになる予感がします。

その前に都合よく呆ければいいのですが。 ( ゚∀゚)

DSC06125.JPG

距離にして400km足らずのツーリングでしたが、
程よい疲れの残るいい一日でした。


コメント(4) 
共通テーマ:バイク

コメント 4

ごめんなさい、コメント機能を停止しています
ごん

nonameさん、こんにちは。

あらら、せっかくだから本物の芝桜を見てくれば良かったのでは。
あのスカイブリッジの上を歩くよりも、価値があるような気がします(笑)

ぶどう峠、私はまだ行ったことがないのですよ。
写真で見る限り、道幅ありますね。
田口峠と十石峠は通ったことがありますが、それよりもいい道に見えます。
今度、行ってみたいと思います。

時間が停まっているかのような古里で癒され、
何年も変わる事の無かった味を堪能し、
たくさん楽しまれたようで何より。
それに天候にも恵まれ、羨ましい限りです(笑)

by ごん (2014-05-09 12:00) 

noname-rider

ごんさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。

昔から時間配分,体力配分が下手糞で、
後の予定を気にするあまり日和ってしまいました、芝桜。

自信をもってお勧めできるコースではありませんが、
上野村から小海に抜けるルートは自分にとって新鮮でした。
県境の山里、沢沿いの街道には個人的思い入れもありまして。

  つまんなくても怒らないでください。 ( ゚∀゚)

どこへ行くにも何を見るにも、
結局は自分の気持ちが平穏でないと楽しめないですね。
気持ちが開いていると些細なことに素直に感動できる気がします。
昔の思い出の不意打ちには参りますけど。

週末はお天気が良さそうです。
今夜は深酒なさいませんよう。 ( ゚∀゚)

by noname-rider (2014-05-09 19:45) 

ワカバ

nonameさん、こんばんは。

夢にまで見たぶどう峠の走破、おめでとうございます。(笑)

上野スカイブリッジ、とっても良いですね♪
いえ、アホーの方ではなくて煙の方でって事で。(゚∀゚)ヨロシコ
バンジージャンプの楽しさは理解不能ですが。(笑)

懐かしいご家族とのおもひでの地まで巡られて
とても充実したツーリングになったようですね。

私の家族とのおもひでの地は…

カニ喰った福井でしょうか。(゚∀゚)

子供の成長というのは、本当に早いもんですね。
うち次男は二日後にハタチ。
笑っちまいます。(゚∀゚)

大人になった我が子と、ゆっくり旅でもしたいもんですね。
noname娘子ちゃんを誘ってみてはいかがですか?

お嬢さんが何と答えるのか、とっても興味があります。(笑)


by ワカバ (2014-05-13 21:42) 

noname-rider

ワカバさん、こんにちは。 コメントありがとうございます。

ぶどう峠から御巣鷹の尾根が遠望できます。
鉄道が主要な交通手段だとすると、
あのあたりの大山塊は文字通り陸の孤島という感じです。

たぶん脳味噌の欠陥だと思うのですが、
自分の辿ってきた半生が夢の中のできごとのように感じることが
結構あります。
自分は椅子に腰かけていて映像を見ている感じ。
宮崎勤がそんな手記を残していたはずです。

ときどきその夢が覚めて、
積極的に生きてこなかったことへの猛烈な反省とか後悔の念に
苛まれる感じです。

  ま、5分で忘れますけど。  ( ゚∀゚)

いずれ私が世を去ったとき、娘は懐かしく思ってくれるのでしょうかね?
生きてる人にストレスを与えるのは不本意ですので、
悲しまれるより喜ばれるほうが有難い。
晩年は皆に嫌われる意地悪ジジィになりたいと思っています。

  もうなってる?  ほっとけ。



by noname-rider (2014-05-14 12:57)