So-net無料ブログ作成
検索選択

大多喜に行ってみた [ツーリング(近場)]


2013/12/07

久しぶりに房総にやってきました。

DSC06337.JPG


今日から冬装備。
朝、家を出るときに少し暑いくらいだったのですが、
アクアラインの橋梁部分で空気が変わりました。

圏央道に入る頃には寒くて歯の根が合いません。
念のために持参していたインナーを取り付けます。

DSC06338.JPG

久しぶりの房総編、今日の予定はこうです。

  アクアラインを渡る
  ↓
  養老渓谷に行く
  ↓
  山ガール(19 モデル)と出会う
  ↓
  (´∀`)

DSC06352.JPG

大多喜に着きました。 

  あのね、養老渓谷の入り口が分かんなかったの

口惜しくていう訳ではありませんが、
山ガールなんてのは電通が作り出した虚構です。
んなもん、居るわけありません。 

涙を拭いてお城への坂道を駆け上がります。

DSC05629.JPG

大多喜城です。
本田忠勝の居城だったそうですが、昭和50年に建造とのこと。
本田忠勝って、意外と最近の人だったんですね。

DSC05635.JPG

天守の周囲は広場になっていました。
一応、城ガールが居ないか見渡します。(念のため)

涙を拭いて大多喜駅に向かいます。

DSC06347.JPG

と、駅員さんがさっきからぼくのほうを見つめています。

DSC06350.JPG 力石 徹

  キハ28で私を遠くに連れて行って 大原~五井間しか行かれへんけどね

そっと渡された乗務員バッジ。
ごめんね、駅員さん。 ぼくには妻と子が。 妄想乙

DSC06353.JPG

大多喜の観光地図と時刻表を入手。
今日は大多喜でまったり過ごすことにします。

町のシンボルキャラ、おたっきーです。
2代目ですね。

DSC06351.JPG
00.jpg 初代

今日もいいお天気になりました。

DSC05639.JPG

三口橋のたもとにバイクを停めました。
大多喜城をバックにいすみ鉄道の鉄橋が見える撮り鉄ポイント。

DSC05638.JPG

さっき貰った時刻表を確認すると、
あと7分ほどで普通列車が通過するようです。

近くのコンクリートブロックに腰掛けて待ちます。
お達者カーのお婆さんが怪訝な顔をして通り過ぎます。
探り探りに交わす挨拶。

DSC05654.JPG

 子どものころ、玄関先に椅子を出してずっと通りを眺めている
 お爺さんがいました。
 子ども心に「あんな感じで生まれてきた人」だと思っていました。
 

  でも分かる。  今になって分かるぞ、爺さん。

と、踏切の鐘の音が聞こえてきました。
車輪の音が次第に大きくなり、やがて肌色の列車が通り過ぎます。

bDSC05642.jpg

鉄道写真では前方に空白を取るのがポイントらしいですが、
2両を幅いっぱい、フルに撮ってしまいました。 ( ゚∀゚)

  だって200km/hくらい出てたんだもん 物理的に出ない

DSC05646.JPG

綺麗な景色の中でちょっと緊張しながら列車を待つ時間は
少し不思議な体験でした。
遠く近くで鳴りはじめる踏切、徐々に大きくなる車輪の音。
思い出すことのできない仄かな記憶とのリンク。

DSC05655.JPG

写真1枚撮ったくらいで言うのも口幅ったいですが、
線路際でカメラを構えて待っている人たちの気持ちが
ほんの少しだけ分かったような気がします。

DSC05651.JPG
DSC05653.JPG

大多喜の市街地に戻り少しだけ観光。
南総の小京都とのことですが、
あんまり過度な観光地化でもなく、今が丁度いい具合ですね。
見ていて楽しいけど写真を撮るほどでもない。 (´∀`)GOOD

早めのお昼ごはんにしました。
観光マップでお勧めのお蕎麦屋さん。

xDSC06357.JPG

特上天ざるJPY1,050-。  
機械打ちですが腰があって喉越しのいい蕎麦でした。
香りのいいつゆとからりと揚がった肉厚の海老。
やる気の観光地だったらもっとぼるところでしょうね。

DSC06356.JPG

なかなかいいお店でした。
おばちゃんのパンチパーマを除いて。 ほっといたれや

さて、そろそろ大多喜を離れることにしましょうか。

DSC05652.JPG

まだ時間はあるので、帰りは下道。
東京湾をぐるりと巻いて帰ることにしましょう。
一応、鉄ガールが居ないかあたりを見渡します。(念のため)

DSC06358.JPG
中国か北海道かはっきりせい(電柱、邪魔)

思い立って千葉寺に立ち寄りました。

DSC05665.JPG
DSC05668.JPG
DSC05666.JPGimages.jpg

大銀杏は完全に色づく前に散り始めたようです。

DSC05656.JPG
DSC05659.JPG
DSC05671.JPG

今日も楽しく遊びました。
さてここからは都内を抜ける面倒くさい道。
白目を剥きながら帰ることにしましょう。 ( ꒪⌓꒪)

と、その前に寺ガールが居ないか... (略)

DSC05674.JPG

北風に吹かれながら、おわり。

【参考文献】


コメント(4) 
共通テーマ:バイク

コメント 4

ごめんなさい、コメント機能を停止しています
ごん

nonameさん、こんにちは。

養老渓谷とガールズ(山・鉄・寺)は残念でしたが、
快晴の中をのんびりした旅を楽しまれたようで何よりです。

それにしても、千葉の道は分かりにくいですね。
私も先日、北上するつもりが西へ逆戻りしてしまいました。

養老渓谷周辺の道も分かりにくいのです。
反対方向の大福山へ行ってしまい、渓谷へ寄らずじまい。
しかも栗又の滝へ出る道が分からず、こちらもミス。
来週末にコウタロウさんと鋸山ハイキングでリベンジしてきます(笑)

「たい三」はネプチューンの原田じゃないですか?
南伊勢の方のお名前を漢字で書くと「鯛蜜柑」ですから(笑)


by ごん (2013-12-08 16:31) 

noname-rider

ごんさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。

不思議とツーリングのバイクに出会わない日でした。
やはり皆さん、房総ツーといえば海に向うのでしょうね。
のんびり過ごすにはいい町です。
春になったら養老温泉も絡めてみたいですね。

牛久からK173南総月出線を南下したのですが、
房総は適度なコーナーが続く気持ちのいい道が多いですね。
整備の良さはゴルフ場が多いためだと思うのですが、
少々複雑な心境です。

高低差こそないですが伊豆に似ている気もしますので、
ごんさんもコウタロウさんも楽しまれるのではないでしょうか?
鋸山から眺める富士山は絶景でしょうね。

さすが南伊勢通のごんさん。
気づいてもらえなかったらどうしようと思っていました。
「鯛蜜柑」 ( ゚∀゚) ... 蜜柑をミーと読ませるあたり豪快です。

※ 年末、人形町で忘年会ができればいいですね。

by noname-rider (2013-12-08 17:03) 

ワカバ

nonameさん、こんばんは。
カラ元気85%のワカバです。(゚∀゚)

おや、まあ♪
たいみーも喜んでいることでしょう。
今度、中身に会ったら報告しておきます。(中身言うな)

千葉で北風に吹かれすぎて、風邪をひかないように
お気を付けくださいね。(笑)

鉄道のある風景って、なんか好きだなぁ。
四季の移り変わりと個性的な列車の組み合わせが画になるのかな?
いえ、マニアじゃないですよ。
違いますってば。(゚∀゚)キッパリ


必死にならないツーリングに出たいなぁ~
と、つくづく思った記事でした。(笑)



by ワカバ (2013-12-09 19:19) 

noname-rider

ワカバさん、こんばんは。 コメントありがとうございます。
カラ元気とやせ我慢はイカす大人の証です。 ( ゚∀゚)

私は引退したら乗り鉄になる予定です(ついでに撮り鉄も)。
今回のはその予行演習(適性検査)だったりして。
鉄道でしか行けない秘境駅なんかに惹かれます。

無理せず行ける距離の8割くらいに抑えると
気持ちに余裕のあるツーリングができますよ。
伊賀上野の芭蕉さん家とか。 ( ゚∀゚)

※ たいみーの中身っておっさんですか? 
  あ、やっぱり答えなくていいです。
by noname-rider (2013-12-10 00:45)